画質が大違い。動画や写真で見るiPhoneの種類と進化

iPhoneの画質

初代iPhoneが世界で初めて発表、発売されたのは2007年でした。初代の発表から今までに、もう10年以上もの年月が流れているのです。iPhone端末は約1年程度のペースで新しいモデルを次々に開発しており、その度に機能性やユーザーインターフェースが向上し、画質や音質といったメディアを楽しむための機能もクオリティがアップしています。実際に初代iPhoneと今現在で出ている最新のiPhone端末を比較してみると、その差は歴然です。画面を移すディスプレイサイズが大きくなっていることに加えて、解像度も飛躍的に向上しているため、昔のiPhoneでは見えないような細部までがくっきりと鮮やかに見えます。頻繁にスマートフォン端末で写真撮影などをする人には、その変化が如実に感じられてきたことでしょう。

また、iPhoneが初めて開発された際に発表されたコンセプトは、「電話・インターネット・音楽の三つの機能を併せ持つ端末」というものでした。iPodなど音楽メディアを楽しむための機器やシステムを数多く手がけてきたapple社にとって、音楽の質を高く維持し続けるのは得意中の得意といって良いでしょう。初代iPhone端末でも十分に音楽を楽しむための機能は備わっていましたが、今のiPhoneでは音質もそのクオリティもけた違いです。イヤホンジャックの撤廃やBluetooth対応など、iPhoneで楽しむメディアの質は今もなお上昇を続けています。画質や動画のクオリティ、音質などの観点から、iPhoneの進化についてご紹介します。


☆ お役立ち参考サイト ☆
iPhoneの画質は年々クオリティが上がっていき、サイズも大画面になってきています。もし画面割れなどが起きてしまった場合は非常に使い勝手が悪いので、迅速な画面修理をお願いしましょう ⇒ iPhoneの画面修理